カバーピクチャー作成サービスとは?

本サービスは、化学、材料、生物、物理を中心とした学術ジャーナル向けのカバーピクチャー候補を、フルオーダーメイドで作成するサービスです。2005年 にサービスを開始してから、研究者の方々と一緒に何百というカバーピクチャーの採用に結びつけてきました。有名ジャーナルに掲載されるだけで十分な成果で すが、ワンステップ先のカバーピクチャーを狙いに行きませんか?




カバーピクチャーに採用されるメリット

  • 自分の研究分野のインパクトを訴えることができます。
  • 引用件数の増加や、その年の有力な論文選出などにつながります。
  • 競争的資金、共同研究の選定で強力なツールになります。


ご依頼から作成・納品までの流れ

納期:最短3日~平均8日程度 価格:54,000円

1.資料ご提供
論文のサマリーやスキーム図などをご提供頂きます。また、イラストの構想をすでにお持ちの場合は、電話、メール等で一緒にブラッシュアップしていきます。


2.初案提出
頂いた資料から、初案を提出いたします。この段階で、ビジュアル的にはカバーピクチャーに十分耐えうるだけのクオリティーのものを用意いたしますが、内容的な修正が必要な場合は、次項の修正追加を行います。

3.内容修正追加
通常は1、2回、最大3回まで内容の追加や修正を行うことができます。修正には約1日必要ですので、締め切りと合わせて上手にご利用ください。

4.納品
このあとジャーナルの編集部に提出します。ジャーナル毎にフォーマットなどが異なりますので、ご不明な場合はお問い合わせください。

採用されたジャーナル例

  • ACS(American Chemical Society)
    • Journal of the American Chemical Society
    • Accounts of Chemical Research
    • Physical Chemistry
    • Inorganic Chemistry
    • Macromolecules
  • Wiley
    • Angewandte Chime International Edition
    • Small
  • RSC(Royal Society of Chemistry)
    • Chemical Communication(Chem Comm)
    • Dalton Transactions
    • Organic Biomolecular Chemistry
    • Molecular Biosystem
    • Lab on a Chip
    • Chemical Science
  • Cell Press
    • Chemistry & Biology


ご確認・お願い

このサービスは、カバーピクチャー候補のイラストを作成するものであり、ジャーナルへの採用を保証するものではありません。採用される可能性が高くなることは十分期待できますが、採用にはイラスト以外の要因もありますので、この点はあらかじめ御了承いただくようお願い致します。これについて「基礎知識」のページにも有益な情報を紹介していますのでご参照ください。